« 2018年3月 | メイン

2018年4月

2018年4月22日

3台並びました(^_^)

20180422.JPG

いつもお世話になっているFさんのF30ですが

車高を下げ、ホイールを換え、

エアロを纏ってエクステリアは一通り

完成したのですが、ボンネットが寂しくなり笑

AC SCHNITZERのボンネットダクトを装着!

装着位置はボンネットのプレスラインや

ボンネット裏の構造等で変わってきますが

ほぼオーナーさんの理想的な位置にできました。

ホイールやフロントリップスポイラー、

ミラーカバー、キドニーグリルなどが

ブラックなだけに、ボンネットダクトも

ブラックにして正解でした♪

撮影して気付きましたが

AC SCHNITZERボンネットダクト装着車両が

たまたま3台並んでいました(^_^)

 

2018年4月21日

ディーゼル車はぜひ!

DPF施工4_preview.jpeg

Studieで新たに始めたディーゼル車の

メンテナンスメニューが「DPFクリーニング」。

先日、施工させていただいた2台の

ディーゼル車オーナーさんから早速感想が届きました。

「クリーニングで明らかに加速が良くなってます、

これで25000円は安いかも」、「前に前に出ようとしますね(^^)

スポーツモードでの加速は確実に良くなっています!

アクセル踏んで、ドーンと出るんで後は惰性で走って燃費も向上!」。

DPFクリーニングですが、ディーゼル車の排気ガス内には

粒子状物質が含まれていて、排気ガス規制適合の為に

これを取り除く必要があります。

そのフィルターがDPF(Diesel Particulate Filter)。

このDPFは性質上、フィルターに多くの粒子状物質が

付着すると目詰まりを起こしてしまいます。

DPF自体も高温状態では目詰まりした粒子状物質を

燃焼させることで除去できますが

常に高温状態を保てない為にどんどんフィルターは

目詰まりを起こし、排気効率も低下、

パワーやトルクも落ちますし燃費も悪化します。

DPFクリーニングでは特殊な洗浄材をDPFに直接噴射し、

DPFを取り外すことなくDPFに詰まった

粒子状物質を除去してくれます。

施工サイクルは30,000km前後で定期的にオススメします!

 

 

2018年4月20日

今月末で終了となります!

DSC_0053.JPG

M2(F87)、M3(F80)、M4(F82)逆指名で

好評開催中のコチラのキャンペーンが

今月末、4月30日で終了となります。

以前に開催させていただきまして

大好評で終了しましたが、その後に

沢山の方からキャンペーン復活のお声をいただき

再度キャンペーン中でございます(^_^)

エアクリーナー&マフラーの吸排気系、

サスペンション系パーツ、

インタークーラーやサブコンまで

人気パーツを厳選して、特価でご案内!

残り10日間で終わってしまいますので

ご検討いただいている方はお急ぎください(^_^)/

DSC_0062.jpg

 

2018年4月19日

昨日の続編(^_^)

20180419.JPG

昨日のブログでステアリングをご紹介した

IさんのM4ですが、今度はシートです。

RECAROのリクライニングシートの最高峰、

別格のオーラを放つ、SP-X!

RECARO独自の技術で実現した

カーボンバックシェルのスポーツリクライニングシート。

バックレストの剛性もかなり高く

ねじれ剛性を極限まで向上させることで

シートのサポート性能が大幅UP!

スポーツ性能とコンフォート性能を両立させた

RECAROシートの最高峰がこのSP-X。

パワーリクライニング(電動リクライニング)

を装備していますので快適です♪

内装にもマッチしてとってもCOOLです(^_^)

 

2018年4月18日

コクピット

20180418.JPG

最近では純正(または純正オプション)でも

インテリアにカーボンが採用されることが

多くなってきましたが

一部がカーボンだと他も統一したくなりますよね。

今回はカーボンインテリアのM4で

ステアリングを交換させていただきました。

お選びいただいたのはアメリカのAutoTecknic製。

艶ありカーボンと、アルカンタラの組み合わせに

ブルーとレッドのステッチが入り

とってもレーシーな雰囲気!

更にはBMW M Performanceのステアリングカバー

(同じく艶ありカーボン)も装着♪

常に握っているステアリングが替わると

運転時のワクワク感が大幅UPしますね(^_^)

 

2018年4月16日

第二弾始まりました。

20180416.JPG

第一弾は以前のブログでご紹介させていただきましたが

先日からお預かりさせていただいたIさんのM4、

モディファイ第二弾が始まりました!

第一弾ではKW Clubsportサスペンションキットに

ホイールはジュラルミン鍛造のBBS RI-Dなどでしたが

今回はAKRAPOVICマフラーに

AC Schnitzer Performance Upgrade、

RECAROのSP-X、そしてVFインタークーラー、

ヒートエクスチェンジャー、チャージパイプの

3点盛りSETと、またまた激変しちゃいます(^_^)

完成時は改めてご紹介させていただきます♪

 

2018年4月15日

最強の純正形状。

20180415.jpg

乗り心地に大きく影響するアシ。

ここで言うアシとは、ショックアブソーバーと

スプリングの組み合わせ、

いわゆる「サスペンションキット」のことです。

今の乗り心地に対する不満点や

好みの乗り心地は人それぞれ異なりますが

車高や減衰力(硬さ)が調整できる

サスペンションキットであれば

セッティング次第で色々な方のお好みにできます。

でもそういうスペックのアシはちょっと高額ですよね。

そこで、純正形状サスペンションキットです。

純正形状=車高や減衰力の調整ができないアシですが

車高も純正よりやや下がり、もちろん乗り心地や

安定性も大きく向上します。

車高や減衰力の調整ができないと不安な方も

いらっしゃるかと思いますが、

そこは天下のAC SCHNITZERですのでご安心を(^_^)

リーズナブルで良いアシをお探しの方は

キャンペーン中ですのでぜひこの機会に!!!

 

2018年4月14日

明日まで&5月5日まで!

DSC_0026.JPG

ブログとfacebookだけの告知にも関わらず

RECAROの新作、プロレーサーRMSの試座目的で

ご来店いただいた方が非常に多い一日でした。

やはりこのシートの注目度は高いですね。

明日まで自由にお座りいただくことができますが

このシートを展示している店舗は希少ですので

ぜひ一度お試しください!

ということで、RECAROシートキャンペーン

5月5日までの期間限定で開催しています。

(RMSのみキャンペーン対象外となります)

シート1脚だけでも1万円OFFとなりますが

2脚セットの場合には通常よりも

4万円もお得になりますのでぜひこの機会に

RECAROシートをお求めいただければと思います。

人気No.1のSportsterは私の車にも装着していますので

お気軽にお座りください(^_^)/

DSC_0015.jpg

 

2018年4月13日

土日だけご覧いただけます!

IMG_0120.JPG

前日になりましたので改めて告知させていただきます。

今年開催された東京オートサロンにて展示された

RECAROがモータースポーツシーン向けに

ゼロベースから開発したスポーツシート

「プロレーサーRMS」

明日&明後日の土日の2日間だけですが、

東京店にて展示させていただけることになりました。

RMSはオートクレープカーボンファイバーシェル仕様の2600Aと

グラスファイバーシェル仕様の2700Gの2タイプありますが

展示させていただくのは2700Gになります。

プロドライバーが開発に携わり、日本人の体形なども考慮し

2年がかりで完成したシートです。

私が試した第一印象は剛性の高さ!

体が包み込まれるホールド性はもちろん

スパルタンな見た目とは違う

座っていて気持ちの良いシートでしたので

ご興味ある方はぜひ、お気軽にお越しください♪

 

 

2018年4月12日

RAYS VOLK RACING G16

DSC_0020.JPG

RAYSのVOLK RACING Gシリーズ最新モデル、

G16が登場しました!

レースホイールの製造に用いられる

「ノンストレスライン」で構成されたデザイン。

BMW用は20インチのみとなりまして

カラーは写真のブライトニングメタルダークと

サイドダークガンメタの2色。

DSC_0022.JPG

スポークのサイド部分が黒く見えると思いますが

実はスポーク自体は同じ色。

スポーク側面がえぐれていることで影になり、

立体感ある造形に。

さすがのRAYSさんですね。

DSC_002411.JPG